「観花」宜舟 gishu

gisyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

web花講座「古語拾遺」vol.21 一念の花/HPから引越し

 南方録の一節。
 「小座敷の花は、かならず一色を一枝か二枝軽くいけたるがよし…」

 まずは「一色」。
 一色は一念であり定まった心を現す。
 心静かに花に向かい、迷いなく花を生けたいものだ。

 そして「軽くいける」。
 大きく豪華な花は、見るからにも人の目を引く。
 しかし、奢侈を誇ることは、やがて争いごとのもととなり、徒に盛衰を繰り返すことになりかねない。

 一色を軽々と生けた花。
 それは、平和を願う一念の花ではないだろうか。

e0258016_1028289.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2016-02-29 00:50 | web花講座「古語拾遺」