<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 18日

親鸞聖人

 今回は親鸞である。なぜ親鸞かというと、
 私の家の宗派が浄土真宗だからというこで…

 ごくごく簡単に述べる。
 浄土真宗は念仏を唱えること。禅宗は己自身を追究することである。
 よく言われることであるが、念仏が他力で禅が自力である。

 他力というと、あまりいいイメージをもたない人もいるだろう。
 今の世は積極的(自力をイメージ)な姿勢が評価されるし私もそう思う。

 しかし「最後の親鸞・吉本隆明著」に出会い「他力」という言葉が私の中で輝きだす。
 他力の教えは「信心一つで助かる」という教示であり、その極北は「己が計らいを捨てる」ことにある。

 「信心」と「己が計らいを捨てる」こと。
 これらの言葉は、私の花に対する考え方に多大な影響を及ぼす。
 それは、花をいける前に「己が計らいを捨てる」ことである。
 いける前に答えを決めると「あーしよう」「こーしよう」と花をいじり過ぎ、
 触れば触るほど花の美しさは消えていくからだ。

 そして、花を信じ花に随うこと。
 そういった「随順の美」が私の理想とする花となった。

 己が計らいを捨てた親鸞。
 しかし、僕は計らいを捨てきることはできない。
 捨てきる方法論も見えてこない。
 どうしても計らいは残る。

 いや僕の場合、もし捨てきってしまったら虚無になってしまう。

 そこで、川瀬敏郎先生の言葉をかりる。
 「素の花といういわばぎりぎりの姿に、
 自分のいける花が人為を尽くしつつ、
 それでも近づくことができるだろうか」

 そう問い続けようと思う。

e0258016_1801337.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2013-10-18 18:02 | 随想
2013年 10月 10日

道元禅師

 道元を初めて知ったのは中学の歴史の時間だったろうか。
 多分そうだろう。

 中学から高校へ進学。
 進学した高校の建学の理念は曹洞宗に基づくものであった。
 そう、日本における曹洞宗の開祖は道元禅師である。

 当時の私は、あり余るエネルギーを持て余し社会や大人に反発していた。
 そしてよく校則を破り、そのペナルティーとして「写経10枚!書いてこい!」とよく言われたのを憶えている。

 それから、就職し一応社会人となった20代。
 本屋でふと「正法眼蔵・道元著」に目がとまり購入。
 早速読んでみたが、私にとってはまるで外国語ようで読むこともできない。

 それからも、なぜか道元への興味は捨てきれず、
 和辻哲郎や唐木順三の本を読んでみるが、これもまた難しい。
 でも読むこともできない「正法眼蔵」に比べれば、
 辞書を片手にのらりくらりと解らないなりに今も読み続けている。

 そんな中、ひとつの歌に目がとまった。道元の歌だ。
  「冬草も 見えぬ雪野の 白鷺は おのが姿に 身をかくしけり」

 この歌に関し唐木順三は次のように述べている。
  「これには礼拝という題がついている。白い雪野の中の白い鷺、その白鷺が、
   その白さの中に身を沈めかくしているというのであろう。(中略)
   白一色の雪の野に、おのが身をかくしつくす白鷺のように、
   仏法の白漫々地のなかで純白無垢になれというのであろう」

 そう、私も花をいけるとき、この↓花のように白漫々とありたい。

e0258016_10511923.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2013-10-10 10:57 | 随想
2013年 10月 01日

web花講座「古語拾遺」vol.29 陰陽の話

 生け花ではよく陰陽を説く。
 しかし、私にとっては、これが本当!わかりづらい。

 儒学に疎遠な私、「もっと勉強しろ」と言われれば、
 「はい、頑張ります!」と答えるしかない。

 「太極図説」では、太極が分れて陰陽となり、陰から水と金、
 陽から火と木が生じ、その中間に土があって五行に分かれる。
 そして、五行の動きによって四時が運行するらしい。

 「ん~そうか」と思うが、やっぱりわかりづらい。
 でも、こういったものは、直観によって感じとるものではないのか、と思う私。

 だから、もっと感じとろう!
 体系(陰陽)よりも個物(花)に寄り添い!

 利休の「花は野にあるように」や
 芭蕉の「自然に従い、自然に還る」や
 子規の「写生」(生を写す)のように…

e0258016_132344.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2013-10-01 11:12 | web花講座「古語拾遺」