「観花」宜舟 gishu

gisyu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2013-2016_古語拾遺( 51 )


2016年 03月 23日

web花講座「古語拾遺」vol.65 間と気

 風に靡く山吹、落ちる椿。
 吹く風は古楽譜へと繋がり歌となる。

  掛物/古楽譜
  花/山吹、椿の葉
  器/古ジャグリングクラブ

 そして、歌は風となって花とモノの間を去来する。

 花とモノを取り合わすとき、大事なこと。
 それは花とモノの気を合わすこと。
 そう、モノには気がある。忘れはいけない!!

e0258016_052772.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2016-03-23 00:07 | 2013-2016_古語拾遺 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 29日

web花講座「古語拾遺」vol.21 一念の花/HPから引越し

 南方録の一節。
 「小座敷の花は、かならず一色を一枝か二枝軽くいけたるがよし…」

 まずは「一色」。
 一色は一念であり定まった心を現す。
 心静かに花に向かい、迷いなく花を生けたいものだ。

 そして「軽くいける」。
 大きく豪華な花は、見るからにも人の目を引く。
 しかし、奢侈を誇ることは、やがて争いごとのもととなり、徒に盛衰を繰り返すことになりかねない。

 一色を軽々と生けた花。
 それは、平和を願う一念の花ではないだろうか。

e0258016_1028289.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2016-02-29 00:50 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 15日

web花講座「古語拾遺」vol.18~20/HPから引越し

vol.18 夜咄(よばなし)の花
 夜に生ける花は、白色か黄色がよいと宗恩(利休の奥さん)が云っている。
 火の灯りの中、白色や黄色であれば、本来の色を失うことがないからだ。
 しかし、現代は電気の明かり。そこで、あえて夜に紅い藪椿をいけてみる。
 一日の終わり、紅く力強い色は明日への活力となる。

vol.19 際
 池坊専応は云う「口の細い器は、その際にて花を開かせた方がよい」と。
 口が細い器に花を入れると、何だか間延びした形になってしまう場合がある。
 そこで、器の口近くに開いた花を生ける。
 これは、葉を水際(器の口近く)に見せる椿の生け方(vol.12 椿)にも通ずると思う。

vol.20 心の花
 利休は茶の神髄を示す言葉として藤原家隆の次の歌を選んだ。
 「花をのみ 待つらん人に 山里の
  雪間の草の 春を見せばや」

 外に花を求め、目に見える色ばかりを楽しむのではなく、心の内にある花を忘れないこと、これ大事な心也!

 もうずく、満開の桜があなたを待っています。
 その桜、誰に見せたいですか。また、誰を思い出しますか。

 利休が生けた梅
e0258016_11415477.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-15 00:37 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 14日

web花講座「古語拾遺」vol.17 花生の所作を考える/HPから引越し

 世阿弥は云う。
 「せぬ所と申すは、そのひまなり。このせぬひまは何とて面白きぞと見る所…」

 所作から所作に移る「せぬひま」が見どころだと云う。
 「せぬひま」とは動作が静止するところ。
 この静止状態とは外側からは止まって見えるが心は十二分に動いている状態を言う。

 これを花を生ける所作に置き換え考えてみると、「花を器にとめる」これが「せぬひま」である。

 花をとめる所は外側からは見えない。
 つまり、花をどうとめるか。
 これが花を生ける心の所作であり、とめ方で器の上の花姿も変わる。 

 そして、花をどうとめるか。
 それは観世寿夫さんの言葉をかりる。
 「演者の姿は舞台に根が生えたような存在感を伴わねばならぬ…
 舞台で立っているということは、能の場合、前後左右から無限に引っ張られている、その均衡の中に立つということなのだ。逆にいえば、前後左右に無限に力を発して立つ。無限に空間を見、しかも掌握する…」。

 「花をいける」。それは、あたかも自生したかのように花を器にとめること。
 これが大事ではないかと思う。

e0258016_034194.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-14 00:28 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 13日

web花講座「古語拾遺」vol.16 生ける花の形/HPから引越し

 私が大切にしている金春禅竹の言葉。

 「確かにと思って形を作れば命短し」

 花を生ける。それは形を整え外形を確かにするのではなく、定めなきかに見える形(姿)を生け写し、これを心のうちに完成すること、これ大事也。

e0258016_0272415.jpg

[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-13 13:33 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 12日

web花講座「古語拾遺」vol.11~15/HPから引越し

vol.11 時節の花/初花の椿
 花には「初花」「当季」「名残り」の三つの時節がある。
 「初花」は初々しさ、「当季」は盛り、「名残り」は偲びを現す。
 時節の花を愛で、移りゆく時に目をとめる。
 そうしたものに寄せる思いを「閑吟集」では次のように謡っている。
 「花の上なる露の世に、ただ人は情けあれ」と。

vol.12 椿
 「抛入花伝書」によると「椿は木なれども、葉を水際に見せ、花をその内にあしらわねば有りつかず」とある。
 伸び上がるようには、成長しない椿。
 立ちのぼるようには生けず、その内にある精気を生け写す、これ大事。
 そして、椿は葉を水際に見せ、その中に花があるようにいけること。

vol.13 水仙
 前回に続き再び「抛入花伝書」より。
 「水仙は草なれども立ちのびたるゆへ、葉をこころよく立てのばし、ながしかけ、花ものびやかにおかねば有りつかず」。
 木は高く草は低く、それが木と草の性質に伴う生け方。
 しかし、今はその心を離れ、葉をこころよく立てのばし、花ものびやかにいける、これ立ちのびたる出生を持つ水仙の生け方。

vol.14 花の見方
 利休が木村常陸に伝えた言葉「花は身を遠のけて、足音のせざるやうに御覧あるべく候」。
 静かな心と静かな足の運びと共に、あまり近寄らずに花を見ること。
 右から左から回り込むように見るのではなく、正面から姿勢正しく見る、これ大事。
 正しい所作と姿勢でなければ、モノの正しさは見えないと思う。

vol.15 葉だれ
 「清巌茶話」の一節、「葉だれは、草木の葉の少しかたぶく程ふりたる雪なり」。
 草木の葉が少し傾く程に降る淡雪を思い、葉を扱い花をいける。
 このわずかに傾く「イノチ」の姿は、懐かしさを誘う。

e0258016_029493.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-12 00:29 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 11日

web花講座「古語拾遺」vol.6~10/HPから引越し

vol.6 一輪生けのこと/白百合
 葉の扱いが肝要。
 花を受けるように葉を扱うこと。
 花を受ける葉の「愛敬」、これ大事。 
 白百合(下写真)は、異端として火に処せられ、聖女となった「ジャンヌ‐ダルク」を思った。
 そよ吹く風と共に。

vol.7 風姿
 吹く風を思量すること。
 そよ吹く風に揺れる白百合。
 野を渡る風を待つ薄。
 野を分ける風に打ちなびく葦。
 「地に風を書く」如く生けるなり!!

vol.8 器の好み/破甕のこと
 岡倉天心の言葉「不完全なモノを認め、これを心のうちに完成する」。
 不完全なモノを拾い、そこに生ずる想像の余地を見抜き、補う事(心)。
 この補う行為がくもりのない澄んだモノとなり、心に残るのではないでしょうか。

vol.9 寄せ
 書の古典「麒麟抄」の一節、「木立の如くに行を寄せて書くべし」。
 消息(たより)は、相手を思う心から行を寄せて書くこととある。
 木と草(花)をいける時、木と草(花)の間が肝要。
 遠のくこともなく、近づくこともなく、草を木に寄せていける、これ大事。

vol.10 心の内
 豊原統秋「体源抄」の言葉「姿のうちに心あるように」。
 内にあるものの現われが生ける花の形となる。
 花をいけるとき、忘れてはいけない心得だ。

e0258016_0585071.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-11 00:58 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 10日

web花講座「古語拾遺」vol.1~5/HPから引越し

vol.1 蕾のいけ方
 蕾を生ける時、葉の扱いが肝要。
 蕾を「守る」ように葉を現すこと。
 蕾と葉の間にある「愛敬」の念、これ大事。
 そして、初々しく満ちあふれる、その命を愛でる!

vol.2 水際の花
 美しい花よりも、草間の水に心を留める。
 花を養っているものは何であるかを知り、水と共に花をいける!
 そして、水際の花はこの言葉に集約されると思う。
 「ちぐさにまじる沢辺かな」猪苗代兼載(いなわしろけんさい)

vol.3 ありありと
 普一国師の言葉「一切、善とも、悪とも、すべて思量するなかれ」。
 よきとも、あしきとも、思う心を離れ、ありのままの姿を見ること。
 それは、もの(花)の出生を知ること。
 そして、よきも、あしきも、共に交わるように生け、生きているものの「ありありと」とした姿を現す、これ大事。

vol.4 続)ありありと
 「ありありをもう少し具体的に」という声にこたえ今回は続編です。
 例えば、大と小を交え生けるとき、
 1)大を器にいれる
 2)小を大に思うさま引付け、大と小の差異があるままに生ける。
 そして、大も小も共に交わるように生けることで、生きているものの「ありありと」とした姿が現れるのではないでしょうか。
 日本の花の継承は論理的ではなく、審美的であり心より心に伝えるものだと思います。
 残念ながら、西洋の論理学のように明確な結論をだすというようにはいきませんが、いかないからこそ、審美的な何かが現れるのではないでしょうか。

vol.5 続々)ありありと
 宗長の言葉「緑陰花にまさる」。
 咲く花よりも緑葉の生々とした姿をそのままに観ること。

e0258016_135490.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-12-10 01:36 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 19日

web花講座「古語拾遺」vol.64【日本の花の思想史】元禄/山田宗偏

 伊達に見事!この言葉は元禄の好みを表している。
 そんな時代、利休の侘びの正統を継ぐものとして、京都に宗旦あり、江戸に宗偏ありといわれた。

 「侘び」は相対表現であり、豪奢を知ってこその「侘び」である。
 豪華絢爛な大阪城に対するたった二畳の茶室があったように、元禄の時代もまた「伊達に見事」なものがあってこその「侘び」である。

 道庵(利休の子)は「伊達に見事」なものを得意としたが、宗和は「伊達に見事」なものは難しいといった。
 そこで、宗偏は「伊達」と「侘び」を調和させ花を生けた。
 その作風から椿の生け方を学ぶ。(そろそろ椿が咲き出す季節ですね)

 花の古典における椿の生け方のポイントは葉の扱いである
 利休は「花陽なれば、葉陰にて受ける」といい、葉が花を受ける「愛敬」を大事にした。
 宗偏は、この伝統を守りつつ、さらにその葉を「ハネル」ようにすることで「伊達」と「侘び」を調和させた。

 そして、「ハネル」ように葉を扱うこと。
 これが今の世の空間に合う椿の生け方ではないかと思う。

e0258016_17253321.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-10-19 12:06 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 24日

web花講座「古語拾遺」vol.63 石菖鉢

 細く青い草を鉢に入れたものを石菖鉢といい、これを双花瓶と共に飾った。
 利休は暁には行燈、夜には短檠を用い石菖鉢の影を見たという。

 また、能阿弥の伝書にも「ウシロヲ見ル花」というものがあり、逆光線によって遠近がひとつになる姿を見たという。

 こういった演出こそが花を「生ける」ということであり、能阿弥や利休は色や形を超えた花の姿にどんな思いを寄せていたのでしょう。

e0258016_1427421.jpg

[PR]

by eguchi_gisyu | 2015-09-24 14:27 | web花講座「古語拾遺」 | Trackback | Comments(0)