「観花」宜舟 gishu

gisyu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 23日

web花講座「古語拾遺」vol.65 間と気

 風に靡く山吹、落ちる椿。
 吹く風は古楽譜へと繋がり歌となる。

  掛物/古楽譜
  花/山吹、椿の葉
  器/古ジャグリングクラブ

 そして、歌は風となって花とモノの間を去来する。

 花とモノを取り合わすとき、大事なこと。
 それは花とモノの気を合わすこと。
 そう、モノには気がある。忘れはいけない!!

e0258016_052772.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2016-03-23 00:07 | web花講座「古語拾遺」


<< climes at midnight      感会記/二条の后の春のはじめの御歌 >>