「観花」宜舟 Gishu 江口宜隆 Eguchi Yoshitaka

gisyu.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 14日

web花講座「古語拾遺」vol.45【日本の花の思想史】末法/平安末期~鎌倉

 平安末期は、大火、大風、大地震。
 福原遷都、源平の争い。
 人々は目に見えない歴史の力に脅えた。

 この末法の世を物語る「方丈記」の一節
 「古京(京都)はすでに荒れて、新都(福原)はいまだ成らず。
 ありとしある人は皆浮雲の思ひをなせり」。

 そして、平安朝の荒涼とした姿は、栄西、法然、親鸞、日蓮、道元、一遍らによって今までの執心を捨てさる慎みの心となり、やがて茶の湯の創成の花を咲かす。

e0258016_1092953.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2014-08-14 10:12 | 2013-2016_花講座「古語拾遺」


<< web花講座「古語拾遺」vol...      web花講座「古語拾遺」vol... >>