「ほっ」と。キャンペーン
2013年 10月 18日

親鸞聖人

 今回は親鸞である。なぜ親鸞かというと、
 私の家の宗派が浄土真宗だからというこで…

 ごくごく簡単に述べる。
 浄土真宗は念仏を唱えること。禅宗は己自身を追究することである。
 よく言われることであるが、念仏が他力で禅が自力である。

 他力というと、あまりいいイメージをもたない人もいるだろう。
 今の世は積極的(自力をイメージ)な姿勢が評価されるし私もそう思う。

 しかし「最後の親鸞・吉本隆明著」に出会い「他力」という言葉が私の中で輝きだす。
 他力の教えは「信心一つで助かる」という教示であり、その極北は「己が計らいを捨てる」ことにある。

 「信心」と「己が計らいを捨てる」こと。
 これらの言葉は、私の花に対する考え方に多大な影響を及ぼす。
 それは、花をいける前に「己が計らいを捨てる」ことである。
 いける前に答えを決めると「あーしよう」「こーしよう」と花をいじり過ぎ、
 触れば触るほど花の美しさは消えていくからだ。

 そして、花を信じ花に随うこと。
 そういった「随順の美」が私の理想とする花となった。

 己が計らいを捨てた親鸞。
 しかし、僕は計らいを捨てきることはできない。
 捨てきる方法論も見えてこない。
 どうしても計らいは残る。

 いや僕の場合、もし捨てきってしまったら虚無になってしまう。

 そこで、川瀬敏郎先生の言葉をかりる。
 「素の花といういわばぎりぎりの姿に、
 自分のいける花が人為を尽くしつつ、
 それでも近づくことができるだろうか」

 そう問い続けようと思う。

e0258016_1801337.jpg
[PR]

by eguchi_gisyu | 2013-10-18 18:02 | 随想


<< web花講座「古語拾遺」vol...      道元禅師 >>